脇腹の筋トレをして、お腹を引き締めよう!

脇腹の筋トレをして、お腹を引き締めよう!

こんにちは!

「脇腹を引き締めて、くびれをゲットしたい!」と悩んでいませんか?

今回は、「脇腹を引き締める筋トレは?」や「脇腹の筋トレはどんな効果があるの?」
といった疑問にお答えしたいと思います!!

僕は、スポーツトレーナーになりたいと思い、体育大学に進学し、4年間勉強しました!

そこでは、様々な筋トレの方法を学ぶことができ、どんな効果があるのかをしっかり理解することができました!!

筋トレは効果をしっかり理解することで、どんな筋トレをするべきかを決定することができると知る事が
出来ました!

卒業後は、アメリカのスポーツトレーナーの資格を取得し、現在はお客さんに指導しています!

僕が、今まで勉強してきた知識や経験をお伝えできれば嬉しいです!!

スポンサーリンク

脇腹を鍛えるとくびれをゲットすることができる!

目的があって、それに合った筋トレをしないといけません!

極端な話ですが、足の筋肉をつけたいと思っても、腕の筋トレをしても不可能ですよね!

腹筋も鍛えるところによって効果は変わってきます!

ぽっこりお腹が気になる→腹筋の上部
下腹をへこませたい→腹筋の下側
くびれをゲットしたい→脇腹

上記のように目的別に筋トレをすることが大事です!

脇腹を鍛えると、お腹の横を鍛えることが出来て、くびれがゲットできますよ!!

脇腹を鍛え方はどんな方法があるのは?

脇腹の鍛え方をこれから説明していきますね!

ジムなどに通わなくても家で簡単に筋トレをすることができますよ!!

安心してくださいね!!

今回は脇腹を鍛える自宅でもできる筋トレを3つ紹介したいと思います!

筋トレ1 サイドブリッジ

まず、簡単にできる脇腹の筋トレは、サイドブリッジです!!

サイドブリッチは、横向きに寝て行うトレーニングです!!

最初は、20秒くらいキープすることから始めましょう!!

できるようになってから、10秒ずつ長くしていき、1分を目標にしてみましょう!!

サイドブリッチの詳しいやり方を下記で解説しているので、読んでみてください!

筋トレ2 クロスクランチ

次は、仰向けに寝て行うトレーニングです!

仰向けに寝て、膝を90度に曲げましょう!

そして、お腹の力を使って、右手で左膝、左手で右膝をタッチと交互にタッチしていきましょう!!

最初は20回程度を3~5セットを目標にやってみましょう!

タッチするときに、息を吐き、戻る時に息を吸いましょう!!

スポンサーリンク

筋トレ3 カラダ捻り

仰向けに寝て、膝を90度にしましょう!

そして、お腹を浮かせて、カラダを30度くらい浮かせましょう!

手は胸に置きましょう!

その状態でカラダを左右に捻りましょう!!

まずは30回からスタートしましょう!!

そして、50回、80回、100回出来るように頑張りましょう!

3~5セットを目標に頑張りましょう!!

無理をしないことも大事!

もし、筋トレをしていて腰などに痛みがでたら無理して行わないでください!

腹筋の筋トレは基本毎日してOKですが、痛みがある状態で行うのはよくありません!

痛みがあったら、痛くない筋トレに変える、もしくは休憩してください!!

痛みのある状態で無理すると、余計に悪化して余計に休む期間が長くなってしまいます!!

なので、痛みのあるときは無理をしないでください!!

筋トレをするなら、プロテイン!

筋トレをするなら、栄養がとても大事です!

筋肉を大きくするためには、栄養が多くないといけません!

何の栄養が必要なのかというと、たんぱく質です!

たんぱく質は、カラダの全ての細胞のもとになります!

また、日本人はたんぱく質が不足しているといわれているので、より大事です!

ぜひ、下記の記事で詳しく解説しているので、読んでみてください!

まとめ

・脇腹を鍛えると、くびれができる!
・筋トレは、目的があって、それにあった筋トレを選ばないといけない!
・腹筋も目的にあってそれにあった筋トレを選ぶ!
 ・ぽっこりお腹が気になる→腹筋の上部
 ・下腹をへこませたい→腹筋の下側
 ・くびれをゲットしたい→脇腹
・脇腹を鍛えるには、ジムに通わなくても家でもOK!
・おすすめの筋トレは、3つ!
 ・サイドブリッチ
 ・クロスクランチ
 ・カラダ捻り!
・痛みがあるなら無理をしない!
・筋トレ後にはプロテインを飲もう!

ここまで読んで下さり、有難うございます!!

脇腹を鍛えるとくびれが出来ます!!

ただ痛みがあるなら無理をしないでください!!

痛みがあるときは休んで、なくなったらまたやりましょう!!

今日紹介した3つの筋トレをぜひやってみてください!!

この記事があなたの役に立てば嬉しいです!

スポンサーリンク