チューブで筋トレ!自宅で簡単にできます!

チューブで筋トレ!自宅で簡単にできます!

こんにちは!

「チューブを使うと家でも筋トレできるって聞いたけどどうやってやればいいのかな?」と悩んでいませんか?

今回は、「チューブを使った筋トレってどんなのがあるの?」
「チューブ筋トレの具体的な方法を知りたい!」といった疑問にお答えしたいと思います!!

僕は、スポーツトレーナーになりたいと思い、体育大学に進学し、4年間勉強しました!

そこでは、様々なトレーニングを学ぶことができました!

トレーニングと聞くと重りを持ったウエイトトレーニングが出てきますが、
水やチューブなど本当にたくさんのトレーニング方法と器具があることを学べました!

卒業後は、アメリカのスポーツトレーナーの資格を取得し、現在はお客さんに指導しています!

僕が、勉強してきた内容や知識や経験をお伝えできれば嬉しいです!!

スポンサーリンク

自宅での筋トレはチューブがおすすめ!

自宅で筋トレをするなら、チューブがおすすめです!

自分の体重のみで行うトレーニングを自重トレーニングといいますが、
自重トレーニングだけだと負荷が弱い時があります!

重りの負荷を加えたくても家だと、場所やお金がなくてそんな負荷を与えることはできません!

チューブだと場所も取りませんし、お金もそんなにかかりません!

かかっても3000円くらいです!

チューブで負荷をしっかり与えることができます!

下記のチューブがおすすめです!

チューブトレーニングがおすすめな人は?

筋トレを始めたばかりの人!
筋肉は大きくしたくないけど、少し筋トレをしたい!

そんな人におすすめです!!

がっつり筋トレして筋肉を大きくしたい人などには、
負荷がどうしても弱くて筋肉をめちゃくちゃ大きくすることはできません!

チューブの負荷はなに?

チューブの負荷は張力です!

チューブが伸びて、戻る力に逆らいながらトレーニングするのがチューブトレーニングです!

チューブの張力はチューブによって異なります!

会社によっては、色でチューブの張力を変えています!

大きい筋肉を鍛える場合は、強い張力のチューブ、
小さい筋肉を鍛えるなら、張力の弱いチューブがいいでしょう!

チューブトレーニングの具体的方法!

では、ここからは、チューブトレーニングの具体的な方法についてお伝えしていきたいと思います!

鍛える部位は下記の通りです!

・肩のインナーマッスル
・ふくらはぎ
・太腿前
・太腿後ろ!
・胸・腕
・背中

では早速それぞれの部位の筋トレについて説明していきますね!!

肩のインナーマッスル チューブ張力:低強度

肩のインナーマッスルを鍛えると肩の安定度が増します!

オーバハンドスポーツと言われる、野球やバドミントン、
ハンドボールなどのスポーツ選手には必須のトレーニングです!

下記の記事で詳しく解説しているので読んでみてください!

ふくらはぎ チューブ張力:中程度

足のつま先にチューブをひっかけます!

膝は伸ばして行いましょう!

椅子に座ってやるのが一番いいと思います!

椅子がないなら長座でもいいでしょう!

チューブを引っ掛けながら、つま先を下に動かすというトレーニングです!

ぜひやってみてください!

スポンサーリンク

太腿前 チューブ張力:中~高強度

脛にチューブを引っ掛けて、座ります!

この状態で膝を伸ばすトレーニングです!

太腿の前側の筋肉はとても大事な筋肉なので、このトレーニングは絶対したほうがいいです!

太腿後ろ チューブ張力:中~高強度

仰向けに寝て、脛にチューブをかけます!

そして、膝を曲げるトレーニングです!

太腿の肉離れのときのリハビリをするときなどに行うトレーニングです!

ぜひ、太腿の後ろを鍛えたいならやりましょう!

胸・腕 チューブ張力:中~高強度

チューブを背中の上を通して、腕立て伏せをしましょう!

腕立て伏せの負荷に加えて、チューブの負荷も加わるので強度がUPします!

ぜひやってみてください!

胸、腕を鍛えたい人ならおすすめです!

背中 チューブ張力:中~高強度

このトレーニングは、シーテッドローです!

広背筋を鍛えるトレーニングです!

つま先にチューブを引っ掛けて、そのチューブを引き寄せましょう!!

まとめ

・自宅でトレーニングをするのはチューブがおすすめ!
・チューブは値段も安く、家で簡単にトレーニングすることができる!
・チューブの負荷は、張力!
・張力は色によって違う!
・おすすめは下記のトレーニング
 ・肩のインナーマッスル
 ・ふくらはぎ
 ・太腿前
 ・太腿後ろ!
 ・胸・腕
 ・背中

ここまで読んで下さり、有難うございます!!

チューブは、自宅でトレーニングするならおすすめです!

ぜひやってみましょう!

この記事があなたの役に立てば嬉しいです!

スポンサーリンク