【悲報】痩せるストレッチは存在しない!現役トレーナー解説!

【悲報】痩せるストレッチは存在しない!現役トレーナー解説!
2020年5月17日

こんにちは!

ストレッチをして痩せよう!」と思っていませんか?

今回は、「ストレッチは痩せることはできるの?」といった皆さんの疑問にお答えしたいと思います!

この記事の信憑性は以下の通りかなと思います!

・筆者は、アメリカのスポーツトレーナーの資格を取得!
・スポーツトレーナーの大学で4年間みっちり学んだ!
・様々な方にダイエット指導をしている!

そんな僕が、ストレッチの痩せるのか解説したいと思います!

僕も「ストレッチで痩せるよ!」という人の話を聞いたり、記事を読んだりしたことがあります!

その事も踏まえて、皆さんに僕の意見を伝えてさせてもらいますね!!

ストレッチは痩せるのか?

僕は、ストレスだけで痩せることは不可能だと思います!

「えっ!?まじ?」と思いますね!

でも、僕は、実際に不可能だと思っています!

僕は、お客さんに痩せるためにストレッチを指導をしたことはありません!

・カラダが硬くて、姿勢が悪くなってる人!
・カラダが硬くて、ケガするリスクが高い人!
・カラダが硬くて、正しいトレーニングのフォームができない人!

僕がストレッチ指導をするとしたら、上記のような人だったら指導させてもらってます!

では、「なんでストレッチで痩せるのか」という話が出てくるか気になりますよね!

ストレッチで痩せるっていうのはなぜ?

ストレッチが痩せるという理由の人の話を聞くと、以下の2つにまとめられるのかなぁと思います!

・カラダが柔らかくなって、血流の流れが良くなる!
・カラダが柔らかくなって、可動域が広くなるから

この2つは、ストレッチの効果として実際にあると思いますし、正しいと思います!

ほんの少しは痩せる効果はあると思いますが、そこまで高い痩せる効果はないと思います!

「うーん!どういう事?」と思いますよね!

まず痩せる仕組みを理解しましょう!

どうすれば痩せるの?

色んなダイエット方法が出てきていて、なぜ痩せるのかというのが分かんなくなってしまいますよね!

筋トレや、ウォーキング、糖質制限、トマトダイエット、バナナダイエットなど
たくさんのダイエット方法があります!

痩せるには、下記の状態を作り出すことが大事です!

消費カロリー>摂取カロリー

全てのダイエット方法は、上記の状態を作り出す為の方法でしかありません!!

例えば、糖質制限やトマトダイエットなどの食事に関するダイエット方法は、
摂取カロリーを減らす為の方法でしかありません!

また、筋トレやウォーキングなどの運動に関するダイエット方法は、
消費カロリーを大きくするための方法でしかありません!

詳しくは下記の記事で解説しているので、読んでみてください!

効果が高いダイエットの運動は、消費するカロリーが大きい運動という事です!

つまり、ストレッチが消費するカロリーが大きければ、痩せる可能性が高い理由の運動といえるでしょう!!

ストレッチの消費カロリーは?

ストレッチの消費カロリーは、非常に少ないです!

なので、僕はこの理由から、ストレッチにダイエット効果がほぼないと思っています!

例えば、体重50kgの人が30分ストレッチしても、60キロカロリー程度しか消費しません!

60キロカロリーは、たけのこの里3粒くらいのカロリーですね!

めちゃくちゃ少ないですよね!!

やらないよりは効果あるかもしれませんが、ほんの少ししかカロリーを消費しません!

なので、ダイエットにストレッチはあまり意味がないかなと思ってます!

これは、痩せる方法にストレッチはほぼ意味がないと思っている理由です!

筋トレで消費するカロリーは?

ジムでしっかり筋トレをするなら、体重50kgの人で30分筋トレをして、183キロカロリーです!

ジムで筋トレをしたほうが圧倒的に消費するカロリーが多いです!

また、アフターバーンという、筋トレ後も消費するカロリーを高くなる現象も起きます!

これが、筋トレがダイエットにおすすめの理由です!

なので、ストレッチよりも筋トレをした方が、ダイエット効果が高い
つまり痩せる効果が高いといえるでしょう!!

ストレッチにダイエット効果は薄い!しかし・・・

ストレッチにダイエット効果は薄いことは分かったと思います!

しかし、筋トレの効果を上げる可能性はあります!

つまり、筋トレの効果を最大限にする補助する為にストレッチは有効ということです!

ストレッチをすると、関節の可動域が広くなります!

関節可動域が広くなると、筋トレの動かす事ができる幅が広くなります!

動かす幅が大きくなると、筋トレの消費するカロリーをUPすることができます!

また、関節可動域が広くなると、ウォーキングなど歩く時の歩幅が広くなります!

なので、歩幅が広くなると、消費するカロリーが上がります!

つまり、ストレッチ単体ではダイエット効果はほぼないですが、
ストレッチのおかけで他の消費カロリーが上がる可能性は十分あります!

痩せたいならスクワットをしましょう!

スクワットは、筋トレの中でもダントツで消費カロリーが大きいエクササイズになります!

なので、痩せたいならスクワットをしましょう!

スクワットのやり方は下記で解説しているので読んでみてください!

ストレッチは意味ない?

ストレッチは意味のないものではなく、ダイエットの効果が薄いということです!

ストレッチは、カラダを柔らかくするために必要なことです!

カラダが硬いと、ケガもしやすくなってしまいます!

なので、ストレッチはとても大事です!

おすすめのストレッチの本を紹介しますね!

この本は、スポーツトレーナー100人が選んだ症状別のストレッチ方法がランキング別に載っています!

これが最高のストレッチ方法と決めるのは難しいですが、
トレーナー100人が選んだストレッチなら信頼できますよね!

この本があれば、自分の症状にあったストレッチを見つけることができますよ!!

僕のおすすめストレッチ本です!

ストレッチにはリラックス効果もある!

ストレッチには、リラックス効果もあります!

なので、僕は寝る前にストレッチするのをおすすめです!

ベットに入る前にしっかりストレッチをすると、副交感神経が働き眠くなりますよ!

僕は、必ず寝る前に30分間程度、ダイエットの為でなく、
柔軟性を上げるため、睡眠の質を高めるために行っています!

まとめ

・ストレッチはダイエット効果薄い!
・なぜなら、ストレッチの消費カロリーは少ない!
・ダイエットなら筋トレ!ベストはスクワット!
・ストレッチは意味がないものではない!
 ・ストレッチは関節可動域を広くして、筋トレの効果を上げる!
 ・ストレッチは、カラダを柔らかくするのはとてもいい!
・ストレッチのおすすめの本もある!
・ストレッチはリラックス効果もある!

ここまで読んで下さり、有難うございました!

ストレッチは、ダイエット効果は薄いですが、
筋トレの効果を上げたり、カラダを柔らかくしたりする優れものです!

ダイエット以外の目的ならストレッチは、全然ありです!

また、他の運動の消費カロリーを上げる可能性は十分あるストレッチなのでやりましょう!

あなたの役に立てれば、光栄です!