プールでのダイエットは泳げなくても関係ない!現役トレーナーが断言!

プールでのダイエットは泳げなくても関係ない!現役トレーナーが断言!
2020年5月18日

こんにちは!

「なんかプールでのダイエットがいい!」って聞いたことありますよね!!

痩せたいけど、私泳ぐの苦手だからプールのダイエットは無理かな!」と思っていませんか!

そんな事はありません!

プールでのダイエットに泳げる、泳げないは関係ありません!

今回は、「プールでのダイエットは泳げなくても大丈夫?」「なんでプールでのダイエットがいいの?」
なんていった疑問にお答えしたいと思います!

僕は、アメリカのスポーツトレーナーの資格を取得して、現在もお客さんに指導をしています!

大学の時に、プールを使ったエクササイズにとても詳しい先生から学ぶことが出来ました!

その先生にプロの選手がオフシーズンに学びにくるほどの先生でした!

そこで、プールでのダイエットはめちゃくちゃおすすめできる理由や方法を教えてもらいました!

そんな僕が、プールでのダイエットについて教えたいと思います!!

誰でもできる!泳げないなら歩こう!!

泳ぐことが苦手なら、歩きましょう!

簡単!泳げないなら水中ウォーキングでいいんです!

「いやいや!プールのダイエットって泳ぐから意味があるんでしょ!」
「ウォーキングなら、陸上で出来るし!」

って思いますよね!

僕は、プールでダイエットする方に泳ぐ事をオススメしたことはありません!

僕は、毎回ウォーキングをオススメしてます!

もちろん泳ぐ事が得意な人なら、泳ぎもOKですが!!

では、「なんでプールでウォーキングがいいのか」、「プールがダイエットにいいのか」
など説明してきますね!!

なぜプールがダイエットにいいの?

プールがなぜダイエットにいいかというと、「水」があるからです!

「なにいってんの?プールに水あるの当たり前やん!」って思いますよね!

水にはとてもつもない力があります!

その水の力がダイエット効果などにいい影響を及ぼします!!

水の力を4つ紹介しますね!

足腰の負担を軽減する浮力!!

水中では、浮力という力が働きます!

これがとてもすごい力なんです!

陸上で、ジャンプするより、プールでジャンプしたほうが着地のときの衝撃がすくないですよね?

また、足を地面から浮いてる時間も長くなりますよね!

これが浮力です!

下記の図を見てください!

こんな感じに水中に入ってる部分の多さで、荷重の負荷が変わります!

どうしても、下半身に筋肉が少ない状態で、ランニングやウォーキングなどをすると
膝や腰に痛みが出る可能性が高いです!

痛みがでて、辞めてまた太るなんて方も多いです!

水中だと、自分の体重の負荷を軽くした状態で運動できるので、
どこかを痛めてしまう可能性がとても低いです!!

むくみ改善の効果が高い水圧!

水中は、水深が深いほど水圧という力が加わります!

こんな感じですね!

なので、ふくらはぎが一番水圧が高く、太もも、お腹になるにつれ水圧は弱くなります!

こうなると、ふくらはぎが一番強く圧力があり、心臓に近づくにつれ圧力が弱まるので、
血液が心臓に戻りやすくなります!

足がむくむ大きな原因は、血液の流れの悪さだと言われています!

重力に逆らって、心臓に血液を戻さないといけないのでとても大変です!

でも、この水圧という力を使えば、簡単に下半身に溜まった血液の流れを良くすることが出来ます!

ちなみに、

よく疲労回復に効きます!

というコンプレッションウェアは、末端(腕の手の方、脚の足首の方)の着圧が強く、
心臓に近いところの着圧が弱く作られています!

陸上の800倍の抵抗力!

水には空気比べて800倍の抵抗力があると言われています!

水中で全速力で走るのと、陸上で走るのだと、
全身にかかる負荷が多いのかというと圧倒的に水中の方がしんどいですよね!

また、負荷の設定もとても安全にできます!

最も安全な負荷と言われているのが、動きのスピードに合わせて自動的に負荷が変わることです!

ちょっと難しいので、例えながら説明しますね!

ベンチプレスの負荷設定は、重りですよね!

100kgが限界の人は、100kg以上の重りをつけたら潰れてしまい、めちゃくちゃ危険ですよね!
でも、自分の限界が分かる人はいないので、110kgいってみようと思って、重りをつけてしまう事もあります!

動作のスピードで負荷が決まるということは、動作のスピードが速いほど負荷が高くなるということです!

100m10秒のAさんと、100m15秒のBさんがいたとしましょう!

その二人が水中で全速力で走ってもほぼスピードは変わりません!
しかし、Aさんの方が受けてる負荷は大きいです!

つまり、水中で速いスピードで動こうとしたら、負荷が強くなり、Bさんと同じ動作になります!
Bさんは、Aさんと比べ、動きが遅いので負荷が弱いので、Aさんと同じ動作スピードになります!

自分の動かせるスピードが負荷の大きさになるのでケガをする可能性がほぼなく安全にできます!

その為、プールでの運動は安全にできます!

熱が早く伝わる熱伝導効果!

水は、熱伝導率が空気と比べて23倍と言われています!

これは直接ダイエットや運動に関係ないので簡単に説明します!

熱伝導率は簡単にいうと、どれだけ熱を伝えやすいかということです!

お風呂の40℃はすぐにカラダがポカポカしますよね!

でも、真夏の40℃は確かに暑いですが、お風呂のように全身がポカポカするなんてことはありませんよね!

このことからも水は空気と比べて、熱伝導効果が高いということが分かりますね!

プールでのウォーキングダイエットのススメ

ここまで読んで下されば、プールの素晴らしさを知って頂けたと思います!!

泳げなくても、ウォーキングで十分に効果があります!

水中でのウォーキングで、膝なとの関節の負荷を減らしながら、
水中の抵抗力で筋肉に負荷をしっかり与えましょう!

また、動作のスピードで負荷がUPするので安心安全に運動することができますよ!!

注意点 水分をしっかりとる!

水中にいると気付かないことが多いですが、運動しているので汗をたくさんかきます!

なので、こまめに水分補給を行いましょう!!

プールにいて、脱水症状なども起きることがあるので気を付けましょう!!

注意点 ご飯を食べ過ぎない

運動をするのでめちゃくちゃお腹が空きます!

なので、ご飯を食べ過ぎないようにしましょう!

多いのは、プール後に運動したから、少しなにかを食べるということです!

それがないように心がけましょう!

水中のウォーキングも日常のウォーキングも大きな変更はないです!

プールでのダイエットのおすすめ道具

プールでダイエットするときにおすすめの道具があります!!

よかったらぜひ購入してみてください!

よいプールダイエット生活を送りましょう!!

スイムタオル

スイムタオルは、普通のタオルと違って、何度もカラダを拭くことができる優れものです!

濡れても絞るだけで、すぐにまた拭けるようになります!

どうしても、大きなタオルが必要になったり、何枚もタオルが必要になったりしますが、
このタオルがあれば、荷物が少なくなります!!

ぜひ、購入してみてください!!

ドリンクボトル

ドリンクボトルを準備しましょう!

ペットボトルの持ち込み不可のプールもあったりするので、ドリンクボトルがあったらいいですね!

先ほども紹介したように、
プールでの運動中に脱水の危険性もあるのでしっかり水分もとるようにしましょう!!

耳栓

耳栓は絶対ではないですが、僕は、耳に水が入るのが嫌でしてます!

同じ様に耳に水が入るのは嫌な人は、耳栓をするのもありだと思います!

同じ様に耳に水が入るのが嫌な人は是非してみてください!

防水イヤフォン

僕は、音楽が好きなので、運動しているときは必ず音楽を聞いています!

普通の運動だと陸上でするのでどんなイヤフォンでもいいですが、
水中だとどうしても防水で使える防水イヤフォンにしましょう!

耳に水が入ってるのも防げるので最高ですよね!!

まとめ

・プールのダイエットは効果的!
・泳げなくても全然OK!ウォーキングで効果大!!
・水にはすごい力がある!
 ・負担を減らす浮力!
 ・空気の800倍に抵抗力
 ・むくみを改善する水圧!
 ・熱伝導効果!
・プールでのダイエットのおすすめ道具!
 ・スイムタオル
 ・ドリンクボトル
 ・耳栓
 ・防水イヤフォン

ここまで読んで下さり、ありがとうございました!!

プールのダイエットは安全にできて効果がとても高いです!

泳げなくても全然大丈夫です!

誰でも出来るウォーキングをしっかりしましょう!!

この情報が役に立てれば、嬉しいです!!