ジムに行かなくでもOK!自宅で筋トレするためのおすすめの器具12選

ジムに行かなくでもOK!自宅で筋トレするためのおすすめの器具12選
2020年5月2日

皆さんこんにちは!

フィットネスクラブに通う時間やお金はないけど、スタイルを変えたい!
コロナで自宅待機が増えて自宅でも運動したい!
と悩んでいませんか?

今回は、「自宅でも筋トレしたいけどどんな器具を揃えればいいか」といった疑問にお答えします!

アメリカのスポーツトレーナーの資格をもち、スポーツトレーナーとして活動しています!

ジムに通うのがめんどくさいと思い、自分の住んでるアパートの一部屋をトレーニングルームにしました!

その経験を活かして、皆さんも自宅で筋トレを行う器具のおすすめを紹介していきますね!

ジムはいらない!家で筋トレをしよう!

ジムに通いのメリット・デメリットは下記の通りかなって思います。

メリット:筋肉に高負荷を与えることができる!
デメリット:月会費1万円くらいかかる、通う時間がかかる、器具が埋まってることがある

自宅での筋トレのメリット・デメリットは下記の通りです!

メリット:お金がかからない、通う時間が0、いつでもできる
デメリット:筋肉に対する負荷が弱い

ジム通いにも、自宅での筋トレでもこのようにメリット、デメリットがあります!

しかし、自宅でしっかり器具を揃えれば、自宅での筋トレのメリット、デメリットは下記のように変わります!

メリット:通う時間が0、いつでもできる、筋肉にしっかり負荷を与えられる
デメリット:お金がかかる。

デメリットのお金がかかるですが、ジムに通うよりかは、かなり抑えられます!

例えば、1カ月1万円の月会費で、入会金3万だとしたら、1年間で15万円ですよね!

それくらいのお金があれば、ある程度しっかりした器具を揃えて自宅で筋トレできます!

つまり、ジム通いに比べると、圧倒的にメリットが大きいです!

ぜひ、これから紹介する器具を揃えて筋トレしてみましょう!

初心者向け 自宅 おすすめ筋トレ器具 5選

最初に、これから筋トレを始めようとする初心者向けの器具を5つ紹介させてもらいますね1

値段も安値のものばかりなので、お金をあまりかけることなく揃えることができますよ!

ヨガマット

最初におすすめするのはヨガマットです!

腹筋のトレーニングをしたり、膝をついたトレーニングをしたりするときにとても使えますよ!
どうしても、床でやるとお尻だったり、膝が当たって痛くなることが多いので
ヨガマットを敷いて、筋トレをしましょう!

筋トレ以外にもストレッチをするときに敷くのがおすすめです!

ダンベル

次のおすすめは、軽いダンベルです!
これがあるだけでトレーニングの幅がたくさん広がります!

二の腕を鍛えたり、腹筋のトレーニングの負荷を上げたりできる優れものです!
いきなり重いダンベルだときついので軽いダンベルで行いましょう!

ストレッチポール

ストレッチポールは筋トレとい

より、体をほぐすのに使うことができます!

アスリートの中でも、ストレッチポールを使って筋肉をほぐしてる人もいますよ!
僕自身、なめてましたけど、使った後の筋肉のほぐれ具合にびっくりしました!

少し高いという方は下記がおすすめです!

ギムニクボール

ギムニクボールもおすすめです!
これは内ももを引き締める時に使うのがおすすめです!

ボールを両足で挟んで、潰す動きをすると、内ももの筋肉を鍛えられます!

また、腹筋をするときに、挟んで行うと、お腹を鍛えながら、腹筋も鍛えられますよ!

チューブ

次におすすめなのはチューブです!
チューブを脚に巻いて、脚を開く動きをすると、お尻の筋肉を鍛える事ができます!

他にも、シーテッドローなど背中の筋肉の筋トレもできますよ!

中級車向け 自宅 筋トレおすすめ器具 4選

では、次に中級者向けの筋トレを紹介しますね!

初心者向けの器具を揃えて、物足りなくなってきたら、ぜひこの器具を購入して筋トレしましょう!!

ベンチ

ベンチを購入しましょう!
ベンチがあるだけで、トレーニングの幅がめちゃくちゃ広がります!

次に紹介するダンベルと合わせて、ダンベルベンチプレスや、ダンベルフライで胸の筋肉を鍛えたり、
ワンハンドダンベルローのときの大事な支えになったりと使い方はたくさんあります!

もう少し筋肉を大きくしたい、トレーニング負荷を強めたい人におすすめですね!

このベンチは、安いですけど、ぐらつかないのでおすすめです!

ダンベル

先ほど紹介したダンベルよりも、さらに重いダンベルです!
このダンベルがあるおかげで、スクワットの時にダンベルを持ち、
筋肉に対する負荷をあげることが出来ます!

また、先ほど紹介したように胸のトレーニングでも大きく役立ちますよ!

アブローラー

腹筋の王道!カッコいい腹筋をつくりたいと思ったら、ぜひ購入しましょう!

腹筋の線が見えるのは、腹筋の筋肉が多い人でなく、お腹の脂肪が少ない人です!
もし、しっかり、凹凸のある腹筋にしたいなら、アブローラーで高負荷を腹筋に与えましょう!

「これがいい!」とかいうのは、特にないですけど、自分は安いこれで満足しています!

ウォーターバック

次におすすめが、ウォーターバックです!
ウォーターバックは、水が重りになっています!

水を容器に半分くらいいれると、水が移動するので、バランス能力を鍛えたり、
体幹の筋肉に良い刺激になったりします!

ぜひ、使ってみてください!

上級者向け 自宅 筋トレおすすめ器具 2選

本格的なジムのように筋トレをしたいとおもったら、さらにこの器具を買いそろえましょう!

ここまでくれば、あなたは、ジムではなく自宅での筋トレにハマっているはず!!

ウエイト器具

ウエイト器具は案外安値で買えるものが多いです!
しっかり、その器具で筋トレすると、ジムに通ってるのと全く変わらない、
かっこいい。綺麗な体を獲得できますよ!

必要なのは、

重り
バー
セフティーバー

です!

重りとバーはセットになっているのが多いですよ!

僕は、このセフティーバーを使ってます!

これがあるだけで、筋トレBIG3といわれている、スクワット、ベンチプレス、デットリフト
を高負荷で行ことが出来ますよ

マット

マットを購入しましょう!

ウエイト器具が増えると床が傷つくリスクが高くなります!

それを保護するために、マットをしきましょう!

クッション性が高すぎるとウエイトトレーニングをしづらいですが、下記のマットは、そこまで気にならず筋トレできます!

ぜひ、床に敷いて、ウエイトトレーニングに挑戦してみてください!

まとめ

・自宅での筋トレは器具を揃えると最強!
・初心者向けの筋トレ器具は、
 ・ヨガマット
 ・ダンベル
 ・ストレッチポール
 ・ギムニクボール
 ・チューブ
・中級車向けのおすすめ筋トレ器具は?
 ・ベンチ
 ・ダンベル
 ・アブローラー
 ・ウォーターバック
・上級者向けのおすすめ筋トレ器具は?
 ・ウエイト器具
 ・マット

ここまで読んで下さり、有難うございました!

自宅での筋トレは、器具を揃えると、いいこと尽くしです!お金の面を心配するかもしれませんが、ジムに通うよりかは、トータルでみたら安い場合がほとんどです!

1回皆さんが検討しているジムの料金を計算して、どのくらいだったら、自宅に器具を揃えた方がいいか考えてみてください!

皆さんの役に立てれば光栄です!