サッカーの走り込みはどんなのがいいの?

サッカーの走り込みはどんなのがいいの?

こんにちは!

サッカーの走り込みにはどんな方法がいいの?」と悩んでいませんか?

今回は、「サッカーの競技力を上げる為の走り込みにはどんな方法?」といった疑問にお答えします。

僕は、スポーツトレーナーになりたいと思い、体育大学に進学し4年間勉強しました!

あんなに勉強したのは初めてでした!

その後、アメリカのスポーツトレーナーの資格を取得し、お客さんに指導しています!

僕の今まで勉強してきた知識や経験をお伝えできればと思います!

スポンサーリンク

サッカー選手に必要な有酸素能力は?

サッカー選手に必要なのは走り続ける能力ですよね!

野球などは、長時間走る必要がないので、そういうトレーニングはしなくてもOKです!

でも、サッカー選手は90分動き続ける有酸素能力、体力が必要です!

なので、そのようなトレーニングをしないといけません!

長い距離を走ればOK?

サッカー選手は長い距離をただ走ればいいわけではありません!

ダッシュとジョギングを繰り返すトレーニングを時間をかけて行いましょう!

サッカーの試合では、同じスピードで長く走るということはないですよね!

ダッシュして、ボールを奪いにいったり、ボールを追いかけたりしますよね!

そして、ジョギングをしますね!

なので、ダッシュして、ジョギングを繰り返すトレーニングが、
サッカー選手の有酸素能力を高める走り込みです!!

スポンサーリンク

ダッシュと休憩の繰り返しじゃダメなの?

あまりおすすめしません!

なぜなら、サッカーの試合中に立ち止まって休憩することは少ないからです!

ダッシュして、またダッシュするためには回復が必要ですよね!

その回復方法は確かに、立ったままで休憩する方法もあります!

でも、サッカーの場合は、そんなことしないですよね!

ジョギングをしながら、回復しますよね!

なので、立ち止まって休憩する方法はおすすめしません!

だから、ジョギングとダッシュを繰り返して行いましょう!!

まっすぐのダッシュでサイドステップなどもいれよう!

ただのまっすぐのダッシュだけでなく、サイドステップなどもいれましょう!

なぜなら、サッカーの試合には、全力のダッシュだけでなく、全力のサイドステップなど、
様々なステップを行いますよね!

ダッシュの時に使う筋肉と、サイドステップをするときに使う筋肉は違います!

なので、サイドステップなど全力で行う体力を鍛えておかないと、
試合の終盤では、相手にフェイトをかけられて抜かれてしまう可能性が増えてしまいます!

もちろん、試合終盤でも、ダッシュしきれる体力が欲しいなら、ダッシュとジョギングの繰り返しでOKです!

でも、試合全体を通して、最後まで動き続ける体力が必要なら、ダッシュだけでなく、
サイドステップもいれ、ジョギングと合わせて行いましょう!!

まとめ

・サッカー選手の走り込みには、ただ長時間走るだけでは、不十分!
・なぜなら、サッカーの試合では、長時間一定のスピードで走る事はないから!
・サッカーの試合のように、ダッシュとジョギングを組みわせて行う!
・立ったままの休憩はなるべくしないようにする!
・試合終盤でも、ダッシュしきれる体力がほしいだけなら、ダッシュとジョギングの繰り返しでもOK!
・試合終盤で、動き続ける体力が欲しいなら、ダッシュや、サイドステップなど様々ステップを
 組み合わせ、ジョギングするのが効果的!

ここまで読んで下さり、有難うございます!

サッカー選手には、ダッシュやステップと、ジョギングを合わせた走り込みが有効と知ってもらいましたか?

サッカーの試合で最後までは走りぬく、動き続けるためには、長時間一定のスピードで走るよりも、
今日説明したやり方の方が圧倒的に効果的です!

ぜひ、チャレンジしてみましょう!

この記事が役に立てば嬉しいです!

スポンサーリンク