子供こそバランストレーニングをするべき!

子供こそバランストレーニングをするべき!

こんにちは!

子供にはどんなトレーニング方法をさせればいいのだろうか?」と悩んでいませんか?

今回は、「子供の時に行うべきトレーニングはなんなのか?」「どんなふうに行えばいいのか?
といった疑問にお答えします!

僕は、スポーツトレーナーになりたいと思い、体育大学に進学し4年間勉強しました!

もともと小学生からずっと野球をやっていました!

体育大学でトレーニング方法を科学的に学び、過去に戻れたらやり直すことがたくさんあると思いました!

体育大学卒業後、アメリカのスポーツトレーナーの資格を取得し、現在お客さんに指導をしています!

僕の今まで勉強してきた知識や経験をお伝えできればと思います!

スポンサーリンク

子供の時に行うべきトレーニングは?

小学生くらいの子供は、バランストレーニングをしましょう!

よく、色んな動きを覚えさせるために色んなスポーツをさせたほうがいいと聞いたことがありますよね!

それは、間違いないです!

子供の頃は、神経系の発達が著しく、様々な動きや動作を覚えることができやすい年代です!

この時に正しい動作を覚えていると、今後のスポーツにめちゃくちゃ役立ちます!

大人になると、神経系に関してはほぼ完成しているので、なかなか新しい動作を覚えるのは難しいです!

大人になって、新たなスポーツに挑戦すると、子供よりも動きを覚えるのに時間がかかりますよね!

それが原因です!

なぜバランストレーニングをさせた方がいいの?

カラダの位置を覚えることができるからです!

理由は、先ほど説明の通り、神経系の発達のおかげです!!

バランストレーニングは、膝の位置がどこにある、頭の位置はどこにある、どのくらいカラダを傾いているのかなどを感じながらトレーニングを行うことができます!

また、カラダを安定させるためにはどこの筋肉にどのくらい力を入れるべきなのかを覚えることができます!

これは、どんなスポーツにも重要なことです!

例えば、ジャンプの着地の時に、膝の位置があるのかというのがケガの防止にとても重要です!

また、人とぶつかるような競技でもカラダの安定性がとても重要なので自分のカラダを安定させる能力がとても大事です!
カラダがぶつからなくても、蹴る、投げる、打つなど末端に力を与えるには、カラダの安定がめちゃくちゃ重要です!!

このように、バランストレーニングはいい事だらけです!

神経系の発達が著しい小学生くらいの子供におすすめです!

どんなバランストレーニングがあるの?

バランスをとるようなトレーニングだったらなんでもありです!

例えば、片足立ちや、スクワットの中間くらいのパワーポジションと言われる位置で
バランスをとるのもありでしょう!!

普通に立っているだけでも、不安定な状態を作り出すことができれば、バランストレーニングになりますよ!

スポンサーリンク

バランストレーニングの負荷設定の仕方

バランストレーニングに負荷設定のやり方はたくさんあります!

負荷を順番に知るより、負荷設定の仕方を知ることで、いくらでもトレーニングの幅を広げることができます!

なので、ここからは、負荷設定に仕方をお伝えしたいと思います!

安定→不安定

床など硬く安定した場所から、柔らかく不安定な場所に変えていきます!

安定から不安定になるにつれ、どんどん負荷が上がっていきます!

でも、なかなか日常生活の中で不安定な場所を見つけるのは大変ですよね!

道具を使えば、すぐに不安定を作り出せます!

このバランスディスクを使えばOKです!

ぜひぜひ購入してみてください!

接地面を広く→狭く

ちょっと難しいですよね!

簡単にいうなら、両足から片足にしましょう!

両足→片足になっていくと負荷がUPします!

さらに、足の裏全体で地面についているより、つま先だけ地面に着いた方が負荷UPします!

地面に設置している部分を少なくすれば負荷がUPします!

目を開ける→閉じる!

目を開けるよりも目を閉じた方が負荷がUPします!

視界が奪われると、バランスとるのがめちゃくちゃ難しくなります!

1回やってみてください!

本当に難しいですよ!

片足立ちを目を開けて1分できても、目を閉じれば、20秒くらいですね!僕の場合!

静→動

最初はあまり動かないようにしましょう!

そして徐々に動くようにしていきます!

そうすると動作の中での安定性を高めることができます!

ぜひやってみましょう!!

対人無し→対人有り

対人を無しで自分だけでバランスをとるトレーニングから、人とぶつかったり、押されたりされながら、
バランスをとるトレーニングにしていきましょう!

人とぶつかる動作があるスポーツにはとてもおすすめの負荷設定になります!

ぜひ、バスケやサッカーなどのスポーツをやっている人はやってみましょう!!

まとめ

・小学生くらいの子供はバランストレーニングをしましょう!!
・バランストレーニングは、カラダの位置を覚える非常に大事なトレーニング!
・バランストレーニングは、バランスをとるようなトレーニングならなんでもOK!
・負荷設定は下記のとおり!
 ・安定→不安定
 ・接地面を広く→狭く!
 ・目を開ける→目を閉じる!
 ・静→動
 ・対人無し→対人有り

ここまで読んで下さり、有難うございます!

子供は、ただの筋トレをするくらいだったら、バランストレーニングをした方がよっぽど効果的です!

ぜひ、今日紹介した負荷設定で、バランストレーニングをしてみましょう!!

この記事があなたの役に立てば、光栄です!

スポンサーリンク