タオルストレッチの効果は?カラダが硬い人にオススメ!

タオルストレッチの効果は?カラダが硬い人にオススメ!

こんにちは!

カラダが硬いから普通のストレッチはきついけどどうすればいいの?」と悩んでいませんか?

僕も同じような悩みでずっと悩んでいました!!

今回は、「カラダが硬い人はどんなストレッチがおすすめ?」、
「タオルストレッチってどんな効果があるの?」といった疑問にお答えしたいと思います!

僕はずっと高校生まで野球をやっていました!

僕自身カラダが硬くて、普通のストレッチがしんどかったです!

高校を卒業後、体育大学に進み、ストレッチの方法など4年間勉強しました!こんなストレッチ方法があるんだとたくさんのストレッチについて知る事が出来ました!!

その後、アメリカのスポーツトレーナーの資格を取得し、
現在では、お客さんにストレッチの指導もしています!

今までの僕の経験や勉強してきた知識をお伝えできればと思ってます!

ぜひぜひ最後まで読んでみてください!

カラダが硬い人は普通のストレッチが難しい!

例えば、長座体前屈でも、つま先に手がくっつかないですよね!

あとは猫背になりますよね!

普通のストレッチ方法だと,きれいな姿勢がとれないことがほとんどです!

なので、もっとストレッチが嫌いになって、しなくなってしまいます!

そうすると、もっと硬くなるという悪循環に陥りますよね!!

カラダが硬い人でも、ある道具を使うと楽にストレッチができます!!

カラダの硬い人はタオルを使おう!

カラダの硬い人はタオルを使いましょう!

長めのタオルならOKです!

タオルが伸びないので、とてもストレッチには効果的です!

つま先に手が届かなくても、タオルを引っ掛ければオッケーです!

誰の家でもあるタオル一つでストレッチがめちゃくちゃ楽になりますよ!!

タオルのストレッチはカラダの柔らかさUPを感じやすい!

ストレッチを継続していれば、カラダは自然と柔らかくなっていきます!

最初は、タオルの端を持ってストレッチをしていても、
継続して柔らかくなれば、どんどんタオルを短くできます!

そうすると、自分でカラダが柔らかくなっているのを知れるので、どんどんやる気があがります!!

僕もこの方法で大嫌いなストレッチを続けることができました!

僕もストレッチが大嫌いだった!

僕はカラダがずっと硬くストレッチが大嫌いでした!!

カラダが硬くて、本などで紹介されているストレッチは、全くといってその姿勢をとれませんでした!

それで、やる気がなくなり、どんどん硬くなりました!

カラダの硬さが原因で大きなけがもしてきました!

もちろん、カラダが硬いと、トレーニングも正しいフォームでできないです!

なので、効果も薄まってしまいます!

僕みたいにならないようにこれから紹介するタオルストレッチに挑戦してみてください!!

おすすめのタオルストレッチは?

おすすめのタオルストレッチを紹介していきますね!

下半身も上半身もタオルを使えば、カラダが硬くてもしっかりストレッチすることができますよ!!

タオルは、正方形のタオルではなく、長い長方形のタオルで行いましょう!!

おすすめタオルストレッチ ハムストリングス1

このストレッチ方法は太腿の後ろを伸ばすストレッチです!

仰向けに寝て、両足を伸ばします!

片方のつま先にタオルを引っ掛けます!

タオルを引っ掛けた方の足を、上に上げていきます!

その時に膝が曲がらないように注意しましょう!!

おすすめタオルストレッチ ハムストリングス2

次も伸ばす筋肉は一緒ですが、座りながら行うストレッチです!

あぐらをかいて、片足を伸ばします!

伸ばした足のつま先にタオルを引っ掛けます!

そのまま、上体を足の方向に倒します!

足を伸ばしただけで、太腿の後ろがきついと感じたら、膝を曲げてもオッケーです!

でも、しっかりタオルはつま先に引っ掛けて、上体を倒しましょう!!

もう1つアドバイスがあります!

このストレッチをするときに猫背になってしまう人もいますよね!

その人は、これを試してみてください!

この上に座ると、猫背にならずにストレッチしやすくなりますよ!!

おすすめタオルストレッチ 大腿四頭筋

このストレッチは、太腿の前の筋肉、大腿四頭筋を伸ばしますよ!

横向きに寝て、上にある足の足首にタオルを引っ掛けましょう!

そのまま、タオルを引っ張って上の膝を曲げていきましょう!

膝を曲げている上の足の太腿の前側が伸びていれば完璧です!

おすすめタオルストレッチ 広背筋

次のストレッチは、背中から、お腹の横についている筋肉を伸ばすストレッチです!

この筋肉が硬くなってしまうと、腕が上がりづらくなりますよ!

タオルを肩幅くらいに握り、バンザイしましょう!

そのままで、カラダを横に倒します!

倒した方と逆の方の脇腹、背中が伸びていれば完璧です!

例えば、左側に倒したなら、右側の脇腹、背中です!

慣れてきたら、徐々にタオルを持つ幅を狭くしましょう!!

おすすめタオルストレッチ 上腕三頭筋

次は、腕の後ろ側を伸ばすストレッチです!

片手でタオルを握ります!

その手をバンザイして、肘を曲げましょう!

そして、肩甲骨の間に手がくるようにしましょう!

もう片一方の手でタオルを引っ張りましょう!

バンザイしている腕の後ろが伸びればOKです!

背中が反ったり、丸まったりしないようにしましょう!

おすすめタオルストレッチ 棘下筋

このストレッチは肩甲骨の下の方についている小さな筋肉です!

片手を曲げて、手が背中の下にあたるようにしましょう!

曲げている腕にタオルを引っ掛けます!

もう片一方の手で、タオルをゆっくり引っ張ります!

その時に肩の後ろの筋肉が伸びていればOKです!

ただ、非常に小さい筋肉なので反動をつけたり、強く引きすぎたりしてしまうと痛めてしまう可能性があるので、ゆっくり、弱くタオルを引っ張りましょう!!

1日では絶対に変わらない!

色んなことが継続することが大事ですが、ストレッチも同じで継続しないと意味がありません!

1日では絶対にカラダは柔らかくになりません!

継続してようやくカラダが柔らかくなります!

最初はあまりカラダが変わらず、やる気が減ってしまうかもしれませんが、
1日1日ほんのちょっとの変化があります!
その積み重ねが、大きな変化になります!

なので、1日のスケジュールの中で、ストレッチ時間を作ってください!

10分で全然OKです!

1日の中のスケジュールにストレッチタイムがしっかりあると、継続しやすくなりますよ!

ぜひやってみてください!

継続は力です!!

まとめ

・カラダが硬い人は、正しいフォームでストレッチを行うのは難しい!
・そんな人は、タオルを使ったストレッチ方法がおすすめ!
・タオルでのストレッチは自分の柔軟性UPが分かりやすい!
・ストレッチをしないと、どんどんカラダが硬くなり、大きなケガに繋がる可能性大!
・タオルでは、以下の筋肉をストレッチできる!
 ・ハムストリングス
 ・大腿四頭筋
 ・広背筋
 ・上腕三頭筋
 ・棘下筋
・ストレッチは継続しないと意味がない!
・1日では大きな変化は起こらない!

ここまで読んで下さり、有難うございます!

タオルという道具は、カラダが硬い人にとって最高のツールです!

正しいフォームで行うことが出来ないストレッチは、タオルを使って行いましょう!

そして、1日だけではなく、なるべく毎日継続して行っていきましょう!それが一番大事です!

硬いカラダが柔らかくなることを祈っています!

この記事が役に立てば、とても嬉しいです!!