【徹底解説!】体の歪みを改善させよう!~原因から考えよう!!~

【徹底解説!】体の歪みを改善させよう!~原因から考えよう!!~

こんにちは!

なんか肩の高さが違う!」、「体が歪んでるけどどうすればいいの?」と悩んでいませんか?

今回は、「なんで、体が歪むの?」、「どうすれば治るの?」といった疑問にお答えしたいと思います!

僕は、スポーツトレーナーになりたいと思い、体育大学に進学し、4年間勉強しました!

そこでは、カラダの仕組みについて知る事が出来ました!

「こんな風にカラダは歪んでいくんだ!」とカラダの内側を詳しく知る事が出来ました!

卒業後は、アメリカのスポーツトレーナーの資格を取得し、お客さんに指導しています!

僕が今まで勉強してきた知識や経験を分かりやすくお伝えできればと思います!

スポンサーリンク

体が歪むのはなぜ?

体が歪むのは、大きく分けて3つの原因があります!

その原因は、以下の3つです!

・筋肉の柔軟性の左右差!
・筋力の左右差!
・痛みから逃げる!

それぞれ詳しく解説していきますね!!

筋肉の柔軟性の左右差!

左右の筋肉の柔軟性のバランスが崩れていると、カラダが歪んでいます!

片一方だけ柔軟性不足で強く引っ張られていると、バランスが崩れるのは想像できますよね!

なぜ、左右差が生まれるというと、以下の理由があります!

・動きのクセ!
・同じ動作を繰り返す!

です!

動きのクセ!

例えば、座っているとき足を組んでいませんか?

片一方の脚だけいつもそうしていると、片一方の筋肉だけ硬くなります!

このように、なにかクセがあると片一方だけ硬くなっていくことがあります!!

同じ動作を繰り返す!

これは、スポーツに例えて説明すると分かりやすいと思います!

野球選手だと、投げる時も、打つ時も片一方だけに捻りますよね!!

そうなってしまうと、片一方だけの動きしかしないので、左右の柔軟性のバランスが崩れてしまいます!!

なので、しっかりストレッチをしましょう!!

筋力の左右差

人は効き手などがあるので片一方だけ若干筋肉が強いことがあります!

ただ左右差が大きいと、バランスが崩れて、カラダが歪んできます!

若干の筋力差は全然OKですが、大きな筋力差はカラダが歪む可能性があります!!

なので、左右一緒になるように筋トレしましょう!

痛みから逃げる!

これは、ケガしているときに起こります!

例えば、腰にヘルニアがあると、痛みが出ないように腰が自然に片一方に逃げることがあります!

ケガをしていると、変な動きのクセを覚えてしまったり、柔軟性の左右差が生まれたりします!

なので、ケガをしたときは早く治しましょう!!

スポンサーリンク

なにをすればいいの?

筋力の左右差は筋トレ、筋肉の柔軟性の左右差はストレッチです!

痛みから逃げている場合は、しっかり病院から見てもらったほうがいいです!

ただ、筋トレは、どうしてもある程度時間がかかるので、今回はストレッチを紹介させてもらいますね!

おすすめのストレッチは?

おすすめのストレッチは、骨盤周辺の筋肉のストレッチです!

骨盤の周辺の筋肉が硬くなってしまうと、どうしてもカラダが歪んでいってしまいます!

なので、しっかり骨盤周辺の筋肉をストレッチしましょう!!

時間がある人は、全身の筋肉をストレッチしましょう!!

下記の記事で詳しく解説しているので、よかったら読んでみてください!!

カラダの硬い人はどうすればいいの?

ストレッチはしたいけど、どうしてもカラダの筋肉が硬いという人は、正しいフォームをできないですよね!

そんな人は、タオルを使ったストレッチをしましょう!

タオルを使えば、カラダの硬い人も筋肉を柔らかくすることができますよ!!

ぜひ、下記の記事を読んでみてください!

まとめ

・体の歪みの原因は、以下の3つ!
 ・筋肉の柔軟性の左右差!
 ・筋力の左右差!
 ・痛みから逃げる!
・改善方法は以下の通り!
 ・筋肉の柔軟性の左右差→筋トレ
 ・筋力の左右差→ストレッチ
 ・痛みから逃げる→病院!
・おすすめのストレッチは骨盤周辺の筋肉のストレッチ!

ここまで読んで下さり有難うございます!

体が歪んでしまうと、痛くなくても気持ち悪くなってきますよね!

大きく歪んでから治すのはめちゃくちゃ大変です!

なので、毎日継続して、大きく歪まないようにストレッチをしていきましょう!

毎日継続していくと、大きな歪みを生まずにすみますよ!!

ぜひ、今日紹介したストレッチをしてみてください!!

この記事があなたの役に立てば嬉しいです!!

スポンサーリンク