【徹底解説!】ダンベルプレスのやり方は?かなりおすすめ!

【徹底解説!】ダンベルプレスのやり方は?かなりおすすめ!

こんにちは!

「ダンベルプレスってトレーニング名聞いたことあるけど、どんなトレーニングなの?」と悩んでいませんか?

今回は、「ダンベルプレスってどんなトレーニングなの?」、
「ダンベルプレスってベンチプレスをやってればやらなくてもいいの?」といった疑問にお答えしたいと思います!

僕は、スポーツトレーナーになりたいと思い、体育大学に進学し、4年間勉強しました!

そこでは、たくさんの科学的に正しいトレーニングを学ぶことができました!!

科学的に明らかになることがめちゃくちゃ面白くて、めちゃくちゃ勉強しました!!

卒業後は、アメリカのスポーツトレーナーの資格を取得し、現在はお客さんに指導をしています!!

僕の今まで勉強してきた知識や経験をお伝えできれば嬉しいです!!

スポンサーリンク

ダンベルプレスってなに?

ダンベルプレスとは、ベンチプレスと似たトレーニングです!!

ベンチプレスは、バーベルを持って行っていますが、
ダンベルプレスでは、バーベルではなく、ダンベルに変えて行います!!

大きな違いはそれだけです!

鍛えられる筋肉は一緒です!!

鍛えられる筋肉は?

鍛えられる筋肉は、大胸筋という胸の筋肉、上腕三頭筋という腕の筋肉を鍛えることができます!!

押す系の動きで使われる筋肉を鍛えることができるということです!!

かっこいい胸板をゲットするために大胸筋は、必要な筋肉です!!

ベンチプレスと同じ筋肉を鍛えることができるなら、
ダンベルプレスをやる必要ないじゃんと思うかもしれませんが、ダンベルプレスのメリットも多いです!

それを解説していきますね!!

ダンベルプレスのメリットは?

では、ここからダンベルプレスのメリットを3つ解説させて頂きますね!!

結構ダンベルプレスのメリットはいいものばかりなんです!

僕は、ベンチプレスとダンベルプレス両方のトレーニングをしています!

左右差をなくすことができる!

ダンベルプレスは、右手、左手に1つずつダンベルを持つことができます!!

このことで、左右差をなくすことができます!

ベンチプレスでは、バーベルという1本の棒を使ってトレーニングしますよね!

なので、片方どちらかが、多少筋肉が少なくてもトレーニングすることが出来ます!!

どんどん重りを多くつけていくと思いますが、
筋肉の弱い方の片方をどんどん置いてきぼりで鍛えてしまうことになります!!

なので、左右差が広がってしまいます!

ですが、ダンベルプレスなら、右手、左手に重りを持つことが出来るので、左右差を減らすことができます!!

トレーニングの可動域が広い!

ベンチプレスは、ダンベルプレスと比べてトレーニングの可動域が狭いです!

ダンベルプレスは、ダンベルなので広く関節を動かすことができます!

筋肉は自分の鍛えた動きで力を発揮するようになります!

なので、トレーニングの可動域が広ければ、広いほど筋肉は色んなところで力を発揮しやすくなります!

また、可動域が広いトレーニングであればあるほど、消費カロリーがUPします!!

めちゃくちゃいいメリットですね!

家でも行いやすい!

ベンチプレスでは、かなりの重さが必要ですよね!

また、セフティーバーなども必要になり、場所もとりますよね!

ダンベルプレスだと、ベンチと、ダンベルがあればOKです!

場所もとらないので、家で簡単にトレーニングすることができますよ!!

僕のおすすめの、ベンチとダンベルをのリンクを下記に貼っておきますね!!

スポンサーリンク

ダンベルプレスの正しいやり方は?

ダンベルプレスは、正しいやり方は、ベンチプレスを大きく変わりません!!

なので、参考までに下記で正しいベンチプレスの方法を解説しているので1度見てみてください!!

では、ダンベルプレスの正しい方法について解説していきますね!!

ベンチに寝るまで!

ダンベルを膝の上にのせてから、ベンチにねましょう!!

言葉だけだと難しいので、下記の図をみてください!!

こんな感じにベンチに寝ると、重い重りでも無理なく準備することができますよ!!

押す

ベンチプレスと同様に肩甲骨をしっかり内側に寄せましょう!

一番ダンベルが下にあるときは、肘を90度にしましょう!!

その状態から、ゆっくり真上にダンベルを押していきましょう!

限界まで、ダンベルを真上に押しましょう!

この時は、息を吐きます!

戻す

肩甲骨を内側にいれたまま、ゆっくりダンベルを下に降ろしていきます!

ここが一番筋肉がきついところです!

速く動かしてしまうと、筋肉にとって楽になってしまうので、なるべくゆっくり動かしまます!

この時は、息を吸います!!

回数やセット数など

回数は8回~12回程度行いましょう!!!

セット数は、3~5セット行いましょう!!

セット間の休憩は、1分~2分程度しましょう!!

2日か、3日おきにトレーニングしましょう!!

まとめ

・ダンベルプレスとは、ベンチプレスとほぼ一緒で、バーベルをダンベルに変更して行うトレーニング!
・鍛えられる筋肉は、大胸筋という胸の筋肉と、上腕三頭筋という腕の筋肉が鍛えられる!
・ダンベルプレスのメリットは3つ!
 ・左右差をなくすことができる!
 ・トレーニングの可動域が広い!
 ・家でも行いやすい!
・動作はとにかくゆっくり行う!!
・押す時は、息を吐く!
・戻す時は、息を吸う!

ここまで読んで下さり、有難うございます!!

ダンベルプレスは、結構おすすめの胸のトレーニングです!!

ベンチプレスと一緒に行いましょう!!

ベンチプレスに慣れてきたら、ぜひやってみましょう!!

この記事があなたの役に立てば嬉しいです!!

スポンサーリンク