ケガの基本RICE処置を覚えよう!

ケガの基本RICE処置を覚えよう!

こんにちは!

「ケガをしたときには、どんな処置をすればいいの?」と悩んでいませんか?

今回は、「ケガの応急処置でRICE処置って聞くけど何?」、「なんでRICE処置がいいの?」
といった疑問にお答えしたいと思います

僕は、スポーツトレーナーになりたいと思い、体育大学に進学し、4年間勉強しました!

僕は、高校まで野球をやっていましたが、ケガに悩まされてきました!

ケガをしたときは、なんとなく湿布をしたり、アイシングしたりなどしていました!

ですが、大学でしっかりケガの処置を学び、今まで間違っていたケガの処置ばかりしていたと思いました!!

卒業後は、アメリカのスポーツトレーナーの資格を取得し、お客さんに指導しています!

僕が、今まで勉強してきた知識や経験をお伝えできれば嬉しいです!!

スポンサーリンク

ケガをしたときどんな応急処置をしている?

皆さんは、ケガをしたときどんな応急処置をしていますか?

多くの人は、「冷やす!」だけですよね?

僕も、勉強する前は、氷で冷やすだけをしていました!!

でも、冷やす以外にもやった方がいいことがあると知りました!!

応急処置をしっかりすると、ケガからの回復が早くなりますよ!!

ケガをしたらRICE処置をしよう!

応急処置の鉄板は、RICE処置です!!

ケガをしたときは、基本的にRICE処置をしましょう!!

RICE処置は、トップアスリートのトレーナーをやっている人もやっているケガの処置の方法です!

これから詳しく解説していきますが、誰でも簡単にできる方法なので、ぜひやってみてください!!

若干必要なグッズもありますが、どれも少ないお金で準備できるので大丈夫ですよ!!

RICE処置って?

RICE処置とは、行う4つの処置の頭文字をとったものです!

英語を覚えてもあまり意味がないと思うので、日本語で解説していきますね!

R:安静
I:冷やす
C:圧迫
E:挙上

です!!

1つずつ詳しく解説していきますね!

R:安静

ケガをしたときは、安静にしようという事です!

安静の目的は、血液の循環を抑えるために行います!!

そんなの当たり前と思うかもしれませんが、こんなこと多くないですか?

片足を捻挫してしまって、ケガしていない方の足でケンケン動いてしまうということです!

これもよくありません!

痛めた場所の安静ではなく、全身の安静です!

足湯をして、全身がポカポカするように、血液は繋がっているので、全身を安静しないといけません!!

I:冷やす

すごく簡単にいうと、アイシングです!!

氷で冷やしましょう!!

氷の温度は、0度程度がベストです!!

家の冷凍庫にある氷だと、マイナスの温度なので、凍傷の危険があります!

なので、冷凍庫の氷を使う場合、水道水を氷に当ててください!

そして指が氷にくっつかなくなったらオッケーです!

氷の入れるのは、ビニール袋でOKですし、氷嚢でもOKです!

下記のリンクを貼っておきますね!!

C:圧迫

これは、意外としていない人も多いんじゃないですか?

僕も勉強する前にしたことはありません!!

圧迫を加える事は、腫れの軽減に役立ちます!!

テーピングやバンテージという道具を使って圧迫するのを僕はおすすめしています!!

中でも、バンテージは、伸縮性があるので、初心者にも使いやすいです!!

下記にリンクを貼っておくのでぜひ購入して使ってみてください!

E:挙上

これは、ケガをした場所を心臓より高くあげるということです!

心臓よりも高くあげるということは、ケガをした場所に血液が流れにくくなるということです!

ケガをすると、カラダの中で出血することが多いです!

出血した場所に血液がたくさんいってしまうと、腫れますよね!!

なので、しっかり挙上して、腫れを抑えましょう!!

寝ている時も、ケガをした場所を座布団なども置いて心臓よりも高くしましょう!

まとめ

・ケガをしたときの応急処置はとても大事!
・アイシングだけの応急処置では、不十分!
・応急処置は、RICE処置を行おう!
・RICE処置は、トップアスリートも行う応急処置の王道!
・RICE処置とは、行うことの4つの頭文字をとったもの!
 R:安静
 I:冷やす
 C:圧迫
 E:挙上
・安静では、全身を安静にする!
・冷やすでは、0度くらいの氷を使う!
・圧迫では、バンテージやテーピングを使って痛めた場所を圧迫する!
・挙上では、ケガをした場所を心臓よりも高くあげる!

ここまで読んで下さり、有難うございます!

ケガをしたときは、RICE処置をしましょう!!

ケガをした後の復帰の早さに影響しますよ!!

僕は、冷やすだけしかやっていなかったので、ケガからの復帰がとても遅くなりました!!

RICE処置の知識が野球をやっていたときにあればと今でも思っています!

ただ、RICE処置でOKではなく、しっかり病院にいってケガの状態をみてもらってくださいね!!

この記事があなたの役に立てば嬉しいです!

スポンサーリンク