トレーナーが思う部活動で学んだこと!1つだけはどうしても伝えたい!!

トレーナーが思う部活動で学んだこと!1つだけはどうしても伝えたい!!

こんにちは!!

「部活動ではどんな事を学べるのかな?」と考えていませんか?

今回は、「部活動はいいことなの?」、「部活動を経験した人はどう思ってるの?」
といった疑問にお答えしたいと思います!!

僕は、高校球児で甲子園を目指して頑張っていました!

高校も部活の為に選んだという、あまりいい理由ではない理由で選びました!

高校時代は、なぜ学校に行く理由は部活が全てでした!!

なので、授業中は爆睡して、練習を遅くまでするという生活でした!!

今思うと、いい学校生活ではなかったですね!

高校卒業後は、スポーツトレーナーになりたいと思い、体育大学に進学しました!!

現在は、アメリカのスポーツトレーナーの資格を取得し、現在お客さんに指導しています!!

僕の今まで勉強した知識や経験をお伝えできればと思います!!

スポンサーリンク

部活動で学んだことは?

僕は、継続力を学ぶことができました!!

毎日部活があったので、継続する大事さを知る事ができました!!

今までできなかったことを継続することで、少しずつ出来るようになっていく面白さが分かりました!

それが今にも繋がっています!!

継続することは大人になってもめちゃくちゃ大事だと今も感じています!!

これだけはどうしても伝えたいこと!

それは、絶対に無理をしないということです!!

今、無理をすると、必ず今後に悪影響を及ぼします!

「今が全てだ!」と思う気持ちは僕も分かります!

それでも、僕はもし、過去に戻れるなら無理はしないようにします!!

なんで、部活動で無理をしないようにするの?

今無理をすると、未来に悪影響を与えます!!

僕は、痛みを無理して、動けなくなるまで部活動を行っていました!

中には大きなケガになりました!!

実際、今膝がなにもしなくても痛いです!!

さらに腰の状態も50代くらいの腰になっています!今20代なのに!

なので、僕は、絶対部活動では無理をしないことを伝えたいです!

部活動人生よりその後の人生の方が長い!

カラダは代えがききません!!

部活動が終わるのはほとんどの人が18歳ですよね!

80歳まで生きるとして、62年間もあります!!

3倍くらい部活動人生よりもあります!!

部活動でカラダを壊してしまえば、そのカラダの部分を代えることはできません!!

60年間近く痛みや違和感を覚えながら生活しないといけません!!

自分のカラダがなによりも大事です!!

部活動をやめればケガはよくなる?

よくなるケガもありますが、良くならないケガをたくさんあります!!

スポーツトレーナーになって様々なケガの知識を覚えることができました!!

どんなに痛くても休めば、良くなると思っていたので、引退したら痛みがなくなると思っていました!

休めばよくなるケガばかりではなく、休んでも痛みがなかなかなくならないケガをあります!

例えば、椎間場ヘルニアになって神経を傷つけてしまうと、痛みやしびれはなくなりません!!

また、肘の骨がはがれて、関節の間に骨が入ってしまうと、肘の曲げ伸ばしを上手くできなくなります!!

こんな風になってしまう可能性は部活動にあります!!

真面目に頑張る人こそ、こうなってしまいます!!

痛いときは、痛い!出来ないときは出来ないで全然OKです!!

絶対無理をしないでください!!

まとめ

・部活動で学んだことは、継続力!!
・ただ、1つだけどうしても伝えたい事がある!
・それは、絶対に無理をしないこと!
・今無理すると、未来に悪影響を与える!
・無理するとケガをする!
・部活動を行う期間より、それ以降の人生の方が長い!
・休んでも痛みや違和感が引かないケガもある!
・痛いときは痛い、出来ないときは出来ないで全然OK!

ここまで読んで下さり、有難うございます!

僕は、部活動で無理をしまくりました!

それが、腰や膝の今の痛みに繋がっています!!

僕みたい苦しむ人を少しでも減らしたいです!!

この記事を読んでくれたあなたは、部活動で無理をしないように頑張ってください!

部活動以降の人生の方が圧倒的に長いです!!

カラダに代えはききません!!

自分のカラダを大事にしましょう!!

この記事があなたの役に立てば嬉しいです!!

スポンサーリンク