筋トレは毎日していいの?~トレーナー徹底解説~

筋トレは毎日していいの?~トレーナー徹底解説~

こんにちは!

「筋トレは毎日してもいいの?」と悩んでいませんか?

今回は、「筋トレは毎日してもOKなのか?」、「筋トレを毎日するメリットは?」といった疑問にお答えしたいと思います!

僕は、スポーツトレーナーになりたいと思い、体育大学に進学し、4年間勉強しました!

筋トレについて科学的に学ぶ事ができて、めちゃくちゃ勉強が面白いと思いました!!

なので、この4年間はめちゃくちゃ勉強しました!!

そして、筋トレも習慣とし、今まで筋トレを継続しています!!

僕の今まで勉強してきた知識や経験をお伝えできれば嬉しいです!!

スポンサーリンク

筋トレは毎日してもいいの?

筋トレは、毎日してもOKです!!

僕は、実際毎日筋トレしています!!

僕は、毎日筋トレすることはめちゃくちゃメリットがあると思っています!

でも、筋トレは毎日しない方がいいと聞いたことがありませんか?

まず、なんでそんな意見があるのか解説しますね!

筋トレは、毎日しないほうがいいという意見はなぜ?

筋トレを毎日するのは、筋肉が回復しないからです!!

例えば、腕立て伏せをして、次の日も腕立て伏せをするとしましょう!

そうすると、初日は、胸の筋肉が大きくなるために回復しています!
次の日も回復途中です!
その状態でさらに胸のトレーニングをすると、筋肉が回復できずに筋肉は大きくなりません!

なので、筋トレは、毎日しないほうがいいと言われています!!

でも、僕は、筋トレは毎日してもOKと思っています!!

なぜ、筋トレを毎日してもいいの?

筋トレを毎日するためには、筋トレの部位を変えていきます!

下記のような感じにです!

日 胸の筋トレ
月 背中の筋トレ
火 下半身の筋トレ
水 腹筋筋トレ
木 胸の筋トレ
金 背中の筋トレ
土 下半身の筋トレ
みたいな感じです!!

こうすると、部位が毎日変わっていくので、筋肉の回復を邪魔することはありません!!

なので、毎日筋トレするデメリットの筋トレの回復の邪魔をするというデメリットがなくなります!!

なので、このように筋トレの部位を変えていけば毎日筋トレすることができます!!

スポンサーリンク

筋トレを毎日するメリットは?

筋トレを毎日するメリットはたくさんあります!

僕は、3つのメリットが大きいと思っています!

それは、下記の通りです!

・筋トレの時間が短くなる!
・継続しやすくなる!
・自信を持てるようになる!

1つずつ詳しく解説していきますね!!

筋トレの時間が短くなる!

筋トレの部位が少なくなるので、筋トレの時間が短くなります!

筋トレが短くなると、1日のスケジュールの中に入れやすくなります!!

なので、忙しい日にも筋トレをすることができますよ!!

継続しやすくなる!

先ほどの筋トレの時間が短くなるという理由でですが、継続しやすくなります!

また、休みの日があると継続しづらいですよね!

仕事も休みがあると、次の日仕事にいくのは嫌ですよね!

筋トレも一緒なので、なるべく毎日行いましょう!!

自信を持てるようになる!

毎日筋トレを継続すると、カラダが変わってきます!!

さらに、自分が毎日継続しているという自信が生まれてきます!

自信があると、仕事やプライベートなどにいい影響を与えます!

なので、筋トレを毎日継続して行いましょう!!

毎日筋トレするなら栄養もしっかりとる!

筋肉を大きくするには、栄養も必要です!

毎日筋トレするなら、毎日筋肉に必要な栄養をとらないといけません!

筋肉に必要な栄養素はたんぱく質です!

たんぱく質の豊富な飲み物は、プロテインです!

僕のおすすめのプロテインは下記の2つです!

価格で選ぶなら、マイプロテインというプロテインです!

味で選ぶなら、アルプロンというチョコチップ味のプロテインです!

ぜひ、飲みましょう!!

まとめ

・筋トレは毎日してOK!
・ダメな理由は筋肉の回復時間がないため!
・毎日部位を変えれば、筋肉の回復時間はとることができる!
・こんな感じにメニューを作ろう!
  日 胸の筋トレ
  月 背中の筋トレ
  火 下半身の筋トレ
  水 腹筋筋トレ
  木 胸の筋トレ
  金 背中の筋トレ
  土 下半身の筋トレ
・毎日筋トレするメリットは?
 ・筋トレの時間が短くなる!
 ・継続しやすくなる!
 ・自信を持てるようになる!
・毎日筋トレするならプロテインを飲もう!

ここまで記事を読んで下さり、有難うございます!!

筋トレを毎日するには、僕はおすすめしています!!

ぜひぜひ、毎日筋トレをしてみましょう!!

部位を変える事は必須です!!

しっかり、部位を変えて筋トレをしましょう!!

この記事があなたの役に立てば嬉しいです!!

スポンサーリンク