投手はスクワットよりも、ランジをしよう!!

投手はスクワットよりも、ランジをしよう!!

こんにちは!!

「投手の筋トレは何がいいのかな?」と悩んでいませんか?

今回は、「投手にはスクワットがいいの?ランジがいいの?」や、「なんでそれがいいの?」
といった疑問にお答えしたいと思います!

僕は、高校生までずっと野球をやっていました!

甲子園を目指して、投手としてプレーしていましたが、ケガに苦しみ引退しました!

その後、スポーツトレーナーになりたいと思い、体育大学に進学し、4年間勉強しました!

そこでは、科学的視点で、どうすればスポーツが上手くなるのかということを学ぶことができました!

そんな僕が、今まで勉強してきた知識や経験をお伝えできればと思います!!

スポンサーリンク

投手にはどんな筋トレが必要?

下半身の筋トレは必須です!昔は、走り込みで足腰を鍛えるという考えが主流ですが、
走り込みで足腰は鍛えられません!

走り込みで鍛えられるのは、有酸素能力です!

投げる時の安定性などを高めるためには筋トレをして筋肉を鍛えないといけません!!

では、どんな筋トレがいいでしょうか?

よく行われるのはスクワット!

スクワットは、下半身を鍛えるトレーニングとしておすすめです!!

スクワットは、どんなスポーツでもトレーニングして間違いのないトレーニングです!!

スクワットは、ふくらはぎやお尻や太腿など下半身の筋肉、全体を鍛えることができるおすすめのトレーニングです!

なので、最初はスクワットで下半身の筋肉を鍛えることはありだと思います!

もし興味があれば、下記の記事でスクワットの解説しているので、読んでみてください!!

僕は、スクワットよりもランジをおすすめします!

投手は、ランジの姿勢になり投球していますよね!!

なので、スクワットよりもランジの方が、投球動作に繋がるトレーニングと言えます!!

ただ、スクワットよりも、片足にかかる負荷がUPするので、
スクワットよりも、ケガをしやすいトレーニングです!

スクワットで下半身の筋肉を増やしてから、ランジの筋トレに入ることを強く勧めています!!

その理由を説明しますね!!

筋トレには、特異性の原則がある!

トレーニングは、7つの原則があり、その中の1つに「特異性の原則」というのがあります!

特異性の原則とは、トレーニングは、与えた刺激によって効果が異なるので、
目的を正しく選択して、トレーニングしないと効果がなくなってしまうということです!

簡単にいうと、肘が45度から伸ばすトレーニングをしても、肘90度~45度まで伸ばす動きには効果がないということです!

つまり、筋トレで効果を出す為には、なるべくスポーツ動作に近づける必要があります!!

スクワットとランジどっちが投球動作に近い?

スクワットとランジだとどちらが投球動作に近いですか?

答えは明確で、ランジのほうが近いですよね!!

なので、ランジの方が投球動作に影響を与える可能性が高いということです!!

ランジの良さが分かってもらえたと思うので、ぜひ下記の記事をよんで正しいランジについて知りましょう!!

筋トレにはプロテインが必須!

筋トレだけでは、筋肉は成長しません!

しっかり栄養をとらないといけません!!

筋肉に必要な栄養は、たんぱく質です!

たんぱく質は、プロテインに多く含まれています!

なので、筋トレが終わったらプロテインを飲みましょう!

僕のおすすめは、下記の2つのプロテインです!

まとめ

・投手には下半身の筋トレは必須!
・走り込みでは、筋肉を鍛えることはできない!
・スクワットは下半身の筋トレでよく行われる!
・スクワットは、下半身全体を鍛えるめちゃくちゃいいトレーニング!
・下半身に筋肉がついたら、ランジをしよう!
・トレーニングは、特異性の原則という原則がある!
・ランジの方が投球動作に近いので、おすすめ!
・筋トレをするなら、プロテインを飲もう!

ここまで読んで下さり、有難うございます!

投手の筋トレは、ランジはめちゃくちゃおすすめです!!

なので、スクワットで筋肉を増やして、ランジをしましょう!!

この記事があなたの役に立てば嬉しいです!

スポンサーリンク